証券会社は手数料負担を比較する

アベノミクスの影響で日経平均株価も2万円を超えるまで上昇しましたので、この機会に株式投資を検討されている方も多いと思われます。


株式投資を行う場合には、証券会社に口座を開設する必要があります。

証券会社の比較に関する情報をまとめました。

証券会社には大きく分けて、総合証券とネット証券がありますので、メリット・デメリットを考慮してどちらか選択することが必要です。



株式投資を行う場合は、購入希望の銘柄の株価相当の金額のみを用意すれば言い訳ではなく、別途手数料も負担する必要があります。ただし、この手数料は一律ではなく証券会社によって異なりますので、手数料を比較して口座開設することが重要です。
手数料負担を抑えたければ、総合証券よりもネット証券の方がお得です。総合証券とは、街中に店舗を構えており、担当の営業マンが情報提供をしてくれたり、様々なサポートを行ってくれます。



しかし、サービスが充実していると言うことは、その分手数料負担が大きくなってしまうことにもなります。

総合証券で100万円分の取引を行う場合は、3千円以上の手数料が必要となってきてしまいます。
一方、ネット証券は様々なコストをカットしてサービスを提供していますので、総合証券と比較すると手数料は格段に安く設定されております。

5分の1程度に手数料負担を抑えることが可能ですので、手軽に株式投資を始めたい場合は、ネット証券を選択することも得策です。
ただし、一口にネット証券と言っても、手数料の金額にはかなり差がありますので、他のサービス内容も含めて口座開設をする証券会社を選択することが必要です。