車両ラッピングはマーケティングに使える

マーケティングにはザイオンス効果と呼ばれるものがあります。これは単純接触効果ともいわれるもので同じ宣伝を繰り返すことで、それを見た方に記憶してもらう手段です。代表的なものだとコマーシャルが該当するでしょう。高感度アップにも使えるマーケティング手法なので検討してみるといいです。

最も手軽にザイオンス効果を得たいときには車両のラッピングがおすすめと言えます。これは車に自社の社名や電話番号を記載するもので、インパクトのあるデザインにすると覚えてもらいやすいです。車両ラッピングを施した車で走行することで簡単に宣伝をする事ができます。チラシを配布するといった作業もありますが印刷代とポスティング代金がかかってしまうため、都度コストが発生するのがネックです。

また定期的にアプローチしないといけないので毎回それなりの金額がかかる、中小企業や零細企業だと厳しいと言えるでしょう。車両ラッピングは一度行うと何度でも利用可能、走行するだけで宣伝できるためガソリン代だけで済みます。また仕事に使う場合はついでに宣伝をできるため一石二鳥なのも魅力です。ただし注意点としてザイオンス効果は印象が悪いと悪影響になってしまうため、デザインは慎重に選ぶ必要があります。

自分が行うサービスにマッチしたデザインにするのが基本、目立つものにしましょう。車両ラッピングの費用ですが、これは車の大きさにより変動します。またサービスにより基本料金が違うので予算内で済ませられるお店に依頼をするといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*