車のボディーカラーを変えるラッピング技術とは?

車のボディーカラーを変えてみたいと思ったことはないでしょうか。ボディーカラーを変えれば印象が大きく変えることができます。ボディー全体のカラーを変えることもできれば、ルーフやボンネット、ミラーなど一部分だけのカラーを変えることもでき、ノーマル車にはない個性的な車に仕上げることができます。ところでボディカラーを変えるためには塗装をし直さなければならないと考えるのが一般的です。

しかし、一旦塗装してしまうと、後から元に戻すことができませんので失敗が許されません。またその車を売却するときに査定額を下げてしまう結果につながります。そこで最近注目されているのがラッピングです。様々なカラーに塗装された特殊な専用フィルムをボディに貼っていきます。

そうすることで見た目にはボディを塗装したように見え、元に戻したいときには剥がせば良いだけなので簡単です。ラッピング技術は1990年代に徐々に広がり、2011年ころから急激に広がってきたまだ比較的新しいもので、ボディカラーを変えられるだけでなく、宣伝広告を印刷してラッピングすることもできるなど、様々な方法で有効利用することが可能です。オリジナルなボディカラーとは全く異なる色合いに変えればとても目立ち、思わず目を惹く魅力的な車になることでしょう。ラッピングの方法は専門の業者に依頼するのが普通です。

特殊な技術が必要なために、DIYで行うにはかなりハードルが高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*