特殊環境であればコンクリートポンプ車の出番です

コンクリートポンプ車とは名前の通りコンクリートをポンプ圧で送り出す機能を持った建設車両で、特殊な環境下であればあるほど需要が高くなります。フレッシュコンクリートを必要とする現場は多く主に建設現場ですが、通常のコンクリートミキサー車だけでは対応できない場合にコンクリートポンプ車の出番となります。大きさやポンプの種類には様々なタイプがあり、あまり作業面積に余裕のない場所には小型のタイプが重宝しますし、折りたたみ式ブームが搭載されたタイプではより高い場所への送り出しが可能となります。コンクリートポンプ車は特殊な車両ですから、操縦するには車両系建設機械運転者の資格と特別教育の講習を受けなければならず、圧送施工を行うにはコンクリート圧送施工技術士の資格が必要となります。

そして建設業者が自社保有している場合もありますが、コンクリートポンプ車が必要となった場合に圧送業務を専門的に行う業者に依頼することが多いのが特徴です。これは建設業者といえども日常的に使用するものではありませんからメンテナンス費用等の維持費が負担になってしまい、さらに操縦士には資格だけでなく豊富な経験と技術、高い安全への意識が求められるからです。コンクリートポンプ車が必要とされる現場というのは大規模なものが多く、様々な建設機械が出入りしておりそれらとの段取りを入念に行いながら、気温や湿度で硬化時間が変化するコンクリートを的確なタイミングで送り出さなければならず、常に神経を張り詰める業務となってしまうためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*