自走式と機械式がある立体駐車場

立体駐車場には、自走式と機械式があります。自走式というのは2階や3階の目的の階まで自分で車を走らせていくタイプで、機械式というのは車をエレベータのよう機械に乗せて目的の場所まで運んでいくタイプの駐車場です。自走式立体駐車場は大型の商業施設などで良く用いられていて、スロープになった道を走行して目的の階まで行くのですが、自走式にも3つの種類があります。フラットとスキップそれに連続傾床の3つです。

フラットはスロープで上がっていって目的の買いに就いたらそこはフラットになっているので、車からの乗り降りもしやすいことがメリットです。スキップというのはフラットな駐車場が段違いに合って短いスロープでつながれているタイプで、各スロープが短いので各階で空きスペースが見つけやすいことが特徴です。連続傾床タイプはスロープが駐車スペースになっていてらせん状になった立体駐車場のことで、ホテルや病院などで用いられていて駐車効率が高くコストパフォーマンスも良いことがメリットです。機械式の立体駐車場はマンションなどで良く用いられる方式で、地上2段式のものやピット2段式など5種類あります。

地上2段式というのは上下2段に駐車するもので、上段の車は下段の車が出ないと下に下げることができませんが、下段は日よけや雨夜毛ができ上段は盗難やいたずらを防止できることがメリットです。ピット方式は上下に停めますが下段は地下なので、下段が出なくても上段の車を出すことができます。立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*