任意の自動車保険はなぜ必要なのか

自動車を購入する人の多くは、任意の自動車保険に加入しています。加入することが当たり前だと考えている人もいらっしゃいますが、なぜ加入する必要があるのかが疑問と考えている人もいらっしゃいます。加入することによってお金の支払いを必要としていますので、疑問になりながら加入するよりも、疑問を解消してからのほうが納得できる保険加入ができます。ではぜ加入を必要としているのでしょうか。

自動車保険は自賠責と任意があります。自賠責は強制的に加入させられる保険なため、自動車購入したら確実に加入することになります。この自賠責があるため任意の保険が確実に必要としているわけではありません。しかし、自賠責は全てに対しての補償をしてくれるわけではありません。

事故をした相手に対して使えるけれども、自分に対しての補償がありませんし、また相手といっても人に対してのみなので、物損に関しては補償されません。自賠責は最低限しか補償してくれないため、十分な保険ではなく不十分な保険と言えます。物損に関してもそうですし自分に対してもそうなのですが、事故をすれば相当のお金が必要としているため、貯蓄だけでなんとかなるケースよりもどうにもならないケースが多いです。相手に対しても自分に対しても払えなくなり困ることをなくすためにも、任意の自動車保険に加入することがオススメされています。

任意ですので必ずしも加入しなければならないわけではありませんが、万が一のために備えとして加入しておくことが一番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*