中古車の購入時にはオーディオ類のチェックも

新品の車を購入した際にも納入の時にはきちんと内装も改装もチェックする必要があります。時として何らかの不具合が見つかる場合があるからです。その新車よりもチェックが必要なのは中古車といえます。中古車はすでに何年にもわたって使用されてきたものです。

ですから当然傷みがあると考えるべきです。では、中古車を購入した場合、どのようなところのどこをチェックしたらよいのでしょうか。例えばオーディオ類の場合、どのようなところを確認すべきなのでしょうか。中古車を購入する場合きちんとオーディオやカーナビが動作するかどうか確認するようにいたしましょう。

中古車には保証が付いているものもありますが、オーディオは保証外ということが少なくありません。ですから、オーディオが動作していないことに購入後気づいたとしても販売会社は取り合ってくれないかもしれません。それで必ず動くかどうかをチェックすることは大切です。ただ単に音が出るかどうかを確認するだけでなく他にも細部にわたって点検するようにしましょう。

例えばボタンが正常に動くかどうかもチェックしなければなりません。最近はパネル式で操作するようになっています。もしかすると、そのうちのどこかが不具合ということもあります。それですべてのタッチボタンがちゃんと動くかどうかみるのは大切です。

ナビゲーションの場合ですが、地図の更新時期もきちんと見ておく必要があります。古過ぎるならば、販売店に新しいものと取り替えてもらうように要求できるかもしれません。またスピーカのチェックも忘れないようにします。オーディオ類の確認も忘れずにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*