中古車には様々なメリットがある

日本国内では新車販売が6割以上を占めていますが、欧米では逆に中古車のほうが良く売れています。価格や安いということもありますが、それ以外にも様々な魅力があるからです。まず、いろいろな車種から選ぶことができることです。新車では販売されている車種は限られていますが、中古市場では現行型はもちろん、型の古いクルマもいろいろ揃っています。

型が古くなるごとに車両価格が安くなっていくので、格安で購入したい方にはねらい目です。また、一か所の販売店で売られているクルマは、様々なメーカーのクルマが揃っているのも楽しいところです。新車のディーラーでは、そのメーカーのクルマしか販売されていませんが、中古車販売店では様々なメーカーのクルマが、スポーツカーからセダン、SUV、ミニバンまで揃っているので、選ぶのがとても楽しいです。外車を多く扱っている販売店もあります。

高額な外車でも、中古車になると国産のクルマとほとんど変わらない価格で売られていることが多いです。さらに、中古車で購入したクルマは、傷をつけてしまっても諦めがつくというのもメリットと言えます。高いお金を出して購入した新車であれば、少し傷がつくだけでもショックなものです。しかし、中古車なら仕方がないと諦めもつきます。

つまり気軽に乗ることができるということです。たとえば初めてクルマを購入する方は、ぶつけて傷を付けやすいので、中古を選ぶという選択もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*