失敗しない中古車選び

新車と違って中古車は一台一台の状態が違うので、購入に際しては、どうしても心配が出てきてしまいます。年式や走行距離、グレードや装備品、修復歴やメンテナンス歴など、同じ車種でもそれぞれのクルマで全く異なります。ですから、買ったクルマが壊れやすかったり、修理が度々必要になるクルマかどうかは、当たりハズレと言えるかもしれません。確かに新車でも、壊れやすいクルマや、初期不良が出るクルマもあります。

しかし新車の場合は、購入から一定期間は保証がついたり、初期不良は、無償修理だったりするので、そういう意味で安心して買えるという面があります。そのため中古車でも、同じように一定期間の保証をつけてくれる中古車販売店で買えば、安心というわけです。また一方で、できるだけクルマ自体の良し悪しを見極めることも必要なのが、中古車なのです。特に誤解しがちなのは、できるだけ走行距離の少ないクルマがいいという考えです。

確かにその通りなのですが、あまり年式が古い割に、極端に走行距離が少ないクルマは逆に要注意です。ほとんど駐車しっぱなしで、滅多に使われていないクルマは、逆に使い始めた途端に不具合が出て壊れやすいということがあるからです。日常的に走りながらも、消耗品をこまめにメンテナンスしているクルマの方が、修理もなく走ったりします。やはり使われない部品は劣化しやすいので、年式相応の走行距離のクルマかどうかも含めて選ぶことが大事なのです。

そのクルマが前のオーナーにどう乗られて、どうメンテナンスされてきたか、そういうことも見極めて、中古車を選ぶようにしましょう。立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*